腸について考えましょう
身近な問題としての「便秘」 身近な問題としての「便秘」
現代の日本では、およそ500万人以上の人々が便秘で悩んでいるといわれてます。特に、20代女性および60歳以上の方々に、その傾向が顕著となっております。

ひとくちに「便秘」といっても、その原因は様々です。
大腸ポリープや大腸癌、潰瘍性大腸炎といった、腸の疾患が直接的な要因のケース(疾候性便秘)や、不規則な生活や過度なダイエット、偏食、運動不足などからくる、日頃の生活環境が要因となるケース(常習性便秘)などが想定されます。これらのケースで、大きな比重を占めているのが、「ストレス」による便秘への影響です。また、加齢による腸機能の低下も大きな原因のひとつです。

「たかが便秘」とあまく考えていると、より大きな疾患の発生につながっていくかもしれません。
便秘は腸の危険信号なのです。
次へ
TOPページ