松生 恒夫(まついけ つねお)
1955年 東京生まれ
1980年 東京慈恵会医科大学卒業
1983年 東京慈恵会医科大学第三病院内科助手
1994年 松島病院大腸肛門病センター診療部長
2003年 東京立川市に松生クリニックを開業

医学博士 / 日本内科学会認定医 / 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 / 日本消火器学会認定専門医 / 日本東洋医学界専門医 / 日本大腸肛門病学会専門医

大腸内視鏡検査や炎症性腸疾患の診断と治療に取り組むとともに、自らのクリニックに便秘外来を設け、地中海式食生活の指導、消火器疾患の漢方療法、ポップ・ミュージックによる音楽療法などの指導にあたる。
腸について考えましょう
腸は、「栄養の吸収」と「老廃物の排出」という、人間の生命活動の根幹に関わるとても大切な器官です。また、カラダを病気から守るための「免疫のコントロール」をする役割も担っています。 しかし、近年の食生活の欧米化に伴い、大腸ポリープや大腸癌、潰瘍性大腸炎、クローン病といった腸の疾患が多く見受けられるようになりました。 また、ストレス社会といわれる現代社会の中においては、不規則な生活や過度なダイエット、偏食、運動不足などによる便秘や下痢といった症状が多くみられ、さらには過敏性腸症候群を発症するケースも珍しくありません。中でも、特に注目されているのが、ストレスによる便秘への影響です。 このように、腸は全身を守る大切な器官なのですが、日々の生活の中で知らないうちに悪影響を与えているかもしれません。 生活していく上で、重要な役割を持つ「腸」について、少しだけ考えてみませんか。

↑このページの先頭へ戻る

ストレスと腸の関係
腸は、脳に次いで2番目に神経細胞が多い臓器で、「セカンド・ブレイン(第二の脳)」と呼ばれ、互いに約2,000本の神経線維でつながれています。 したがって、脳がストレスを感じると、その影響は腸の機能にも大きく反映します。 腸に影響するストレスの原因としては、「心理的ストレス」と「物理的ストレス」が考えられています。 ○心理的ストレス 旅行中の緊張や過労・人間関係、あるいは暑さ・寒さ・騒音といった生活環境における心理的な負荷が要因となるストレス ○物理的ストレス 便を硬くする食事(水分を取らずに玄米などの不溶性食物繊維をたくさん食べるなど)や、鉛などの金属成分の長期多量摂取、抗うつ薬など中枢神経に作用する薬の服用といった外的要因によるストレス これらのストレスによって機能が低下した状態の腸を「ストレス腸」と呼びます。 ストレス腸の状態がさらに続き、腸のはたらきが停滞してしまう「停滞腸」となると、便秘をはじめ、おなかにガスが溜まり、老廃物が蓄積することによる有害物質の発生を誘発し、そのまま長期間放置すると大腸癌の危険性をもまねきます。

↑このページの先頭へ戻る

身近な問題としての「便秘」
現代の日本では、およそ500万人以上の人々が便秘で悩んでいるといわれてます。特に、20代女性および60歳以上の方々に、その傾向が顕著となっております。

ひとくちに「便秘」といっても、その原因は様々です。
大腸ポリープや大腸癌、潰瘍性大腸炎といった、腸の疾患が直接的な要因のケース(疾候性便秘)や、不規則な生活や過度なダイエット、偏食、運動不足などからくる、日頃の生活環境が要因となるケース(常習性便秘)などが想定されます。これらのケースで、大きな比重を占めているのが、「ストレス」による便秘への影響です。また、加齢による腸機能の低下も大きな原因のひとつです。

「たかが便秘」とあまく考えていると、より大きな疾患の発生につながっていくかもしれません。
便秘は腸の危険信号なのです。

↑このページの先頭へ戻る

リラックス腸を目指して
「排便がなかったら、下剤で出せばいい」と思っているひとは少なくありません。しかし、下剤で排便しても、停滞腸はよくなるどころか、むしろ悪くなるばかりです。
下剤の中には長期間服用すると腸のはたらきに悪影響を及ぼすものもあるからです。便が排泄されても、腸のはたらきが回復しなければ、全身の健康にかかわる新陳代謝などもよくなりません。

一時的な便秘の改善ではなく、自然な排便機能の回復のためには、脳や腸のストレス負荷を抑え、本来の腸運動を取り戻した状態にすることが必要です。これをストレス腸に対し「リラックス腸」と呼びます。
リラックス腸を作り上げるためには、日々の食生活においてビフィズス菌や乳酸菌、食物繊維を摂取し、腸内の善玉菌を増やさなければなりません。また、1日3食しっかり取って、適度な運動を行うことも心がけてください。
このように、下剤などに頼る前に、日常生活の中で手軽にできる便秘対策から始めてみましょう。

↑このページの先頭へ戻る

オリゴ糖の役割
オリゴ糖には、小腸で分解されずに大腸まで到達し、善玉菌であるビフィズス菌の「エサ」となって増殖させる作用があります。
また、カロリーが砂糖の約1/2といううれしい特徴もあります。腸のリラックス化のためにも、日々の食生活の中で、甘味料として「オリゴのおかげ」を手軽に使ってみませんか。

■「オリゴのおかげ」ってどんな商品
特定保健用食品「オリゴのおかげ」は、「乳果オリゴ糖」を主成分とした、卓上タイプの甘味料です。使い方は簡単。コーヒー、紅茶、ココアやヨーグルトの甘味料としてはもちろん、加熱しても味は変わらないので、煮物などのお料理にもお使いいただけます。
自然の甘さで、カロリーはお砂糖の約半分なので、ダイエット中の方にも安心です。
毎日、ティースプーン2~5杯をとり続けることで、ビフィズス菌を増やし、おなかの調子を良好にする効果を実感していただける甘味料です。

■トクホ成分「乳果オリゴ糖」とは
オリゴ糖にはいろいろな種類があり、大豆や玉ねぎなどにも含まれていますが、一日の必要量をこれらの食べ物からとるにはたくさんの量を食べ続けなければなりません。
そこで、サトウキビ(砂糖)と牛乳(乳糖)を原料に少量で効果があり、自然な甘味を持った乳糖果糖オリゴ糖(トクホ成分名:「乳果オリゴ糖」)が生まれました。胃や小腸では消化吸収されずに確実に大腸に届き、ビフィズス菌を増やして「おなかの調子を良好に保つ整腸効果」が特定保健用食品として消費者庁からも認められているオリゴ糖です。

↑このページの先頭へ戻る