オリゴのおかげ オフィシャル Webサイト


商品・製品紹介 特定保健用食品の詳細な情報はこちらから。



乳糖果糖オリゴ糖の詳細データ業務用「オリゴのおかげ」製品の物性
「乳糖菓糖オリゴ糖(ラクトスクロース)」の詳細データ
>>乳糖果糖オリゴ糖の「インフルエンザウィルス感染予防作用」(PDF:690KB)
ビフィズス菌をパワフルに殖やし、腸内菌叢の改善を促します
「乳糖果糖オリゴ糖」(ラクトスクロース)は、腸内に棲息している善玉菌の代表、ビフィズス菌を選択的に増加させ、悪玉菌を減少させる働きがあります。
文献: 4G-β-Galactosylscurose(ラクトスクロース)の少量摂取がヒト腸内フローラおよび糞便性状に及ぼす影響
<日本栄養・食糧学会誌、46(4)、317〜323(1993)>
対象: 健常成人8名 投与法:ラクトスクロース(LS)として1g、2g、3g/日 経口投与(7日間づつ)
結果: LS1〜3g/日の摂取によって、腸内Bifidobacteriumの増加とC.perfringensを含むレシチナーゼ陽性Clostridiumの減少、アンモニアと硫化物の 低下が認められた。最小有効摂取量は1日当たり1〜2gであることが明らかにされた。
ビフィズス菌の増え方
グラフ:ビフィズス菌の増え方

便秘を改善します
文献: 4G-β-Galactosylscurose(ラクトスクロース)摂取が女子学生の便通に及ぼす影響
<医学と薬学、33(4)、855〜862.(1995)>
対象: 女子大学生126名 投与法:ラクトスクロース(LS)として2g、4g、6g/日 経口投与(14日間づつ)
結果: 2kg以上のLS摂取で、排便回数の少ない被験者の排便回数は有意に増加した。被験者の意識としては、排便回数、軟便化、下剤服用回数の減少など、明らかな便性改善効果が認められた。

グラフ:便秘の改善を表す
表:LS摂取が排便回数に及ぼす影響

腸内有害産物の生成を抑制します
文献: 人の腸内フローラおよび腐敗産物に及ぼすラクトスクロース(LS)の効果<ビフィズス、13(2)、51〜63(1994)>
対象: 健常成人8名 投与法:ラクトスクロース(LS)として3g、6g/日 経口投与(7日間づつ)
結果: 腸内Bifidobacteriumの増加、Clostridiumの減少、腐敗産物の減少、糞便重量の増加、pHの低下、水分量の増加、β-Glucuronidaseの活性の低下が認められた。
グラフ:糞便中のアンモニア及び硫化物含量の変化糞便中の腐敗産物の変化


難消化性の糖質です
「乳糖果糖オリゴ糖」(ラクトスクロース)は、ほとんど消化・吸収されません。したがって、血糖値やインスリンを変化させることもありません。 表:「乳糖菓糖オリゴ糖」(ラクトスクロース)の消化性

各実験で、その安全性が立証されています
「乳糖果糖オリゴ糖」(ラクトスクロース)は、国内外での急性毒性・変異原性試験において、安全であることが確認されています。
また、大変下痢を発生しにくいオリゴ糖であることが確認されています。

文献: ラクトスクロース摂取と胃腸症状との関係-最大無作用量に関する考察-<澱粉科学、40(1)、15(1993)>
対象: 健常成人85名 投与法:ラクトスクロース(LS)として0.2g/kg B.W.〜0.8g/kg B.W.(通常使用量の2.3倍〜9.1倍)を1回経口投与
結果: ラクトスクロース(LS)の通常使用量の2.3倍〜4.5倍量では、対照の乳糖摂取と同程度の腹部症状を示し、6.8倍では、対照のショ糖、乳糖摂取と比較して軟便化の傾向がみられた。最大無作用量は男女ともに0.6g/kg体重であることが判明した。

砂糖のおいしさに最も近い甘味料です
グラニュー糖10%の溶液を基準に、等価濃度のLS-55L、LS-40Lの甘味質をテストした結果、市販のオリゴ糖に比べ、各尺度ともグラニュー糖に近い評価が得られました。
グラフ:等価濃度のLS-55L、LS-40Lの甘味質をテストした結果
ミネラルの吸収を促進します
『乳糖果糖オリゴ糖』(ラクトスクロース)は、カルシウムなどミネラルの吸収を促進します。
文献: 成長期ラットにおける 4G-β-D-Galactosylsucrose (lactosucrose) の骨に及ぼす影響<日本栄養・食糧学会誌、52(6)、343-348(1999)>
対象: Sprangue-Dawley系雌ラット20匹 投与法:ラクトスクロースとして0.7%食餌中に添加
結果: カルシウム吸収率及び保有率が高まり、脛骨及び大腿骨の海綿骨の骨密度とカルシウム含有量の増加が見られた。また、破断強度も上昇した。
ラット脛骨上端部の海綿骨切片の顕微鏡写真
ラット脛骨上端部の海綿骨切片の顕微鏡写真:ラクトスクロース摂取群
ラクトスクロース摂取群

ラット脛骨上端部の海綿骨切片の顕微鏡写真:非摂取群
非摂取群


ラクトスクロース摂取群は非摂取に比べ海綿骨中の石灰化部分の比率が高く、骨塩沈着効果が組織学的に確認されました。
業務用「オリゴのおかげ」製品の物性はこちらでご覧になれます
ページTOPへ
Copyright(C) ENSUIKO SUGER REFINDING. All rights reserved.
塩水港精糖株式会社
Close Window